格安SIMのかけ放題を分かり易く解説、あなたに合う選び方は? 

格安SIMのかけ放題サービスのアイキャッチ

スマホは、ネット検索やゲーム、動画など様々なことにがパソコンと同じように1台でできてしまう最強のアイテムですが、その本質は携帯電話でしょう。

スマホの料金を節約したいと考え格安SIMni乗り換える人も増えてきている中、最近では格安SIMでもかけ放題のプランも充実してきてるため、賢く選びたい。

この記事では、格安SIMのかけ放題プランの選び方について解説してます。

知っておきたい格安SIMのかけ放題プラン

格安SIMの知っておきたい選び方

格安SIMのかけ放題プランは、大手3キャリアと比較するとサービスの利用方法が違います。

具体的に、どういったところが違ってくるのか見ていきましょう。

完全なかけ放題ではないプランがある

大手3キャリアの「かけ放題」の場合といえば、時間制限なしの「完全かけ放題」が一般的ですが、格安SIMでは、時間無制限のかけ放題はほとんどありません。

1回あたり3分間から長くて10分間といったように、時間が限られた通話を何度もかけられるといったプランが多数あります。

時間を忘れて長電話をしてしまうと、過ぎた分は通話料がかかってしまうので、注意しましょう。

専用アプリを使い忘れると通話量が高額に

格安SIMのかけ放題プランというものは、専用アプリから電話をかけるか、プレフィックス番号を電話番号の前に付けて、ネット回線で通話することが前提となってくるプランになります。

そのため、普通の電話回線を使う時とでは、全く異なる通話方式になります。

もしも、専用アプリやプレフィックス番号を使うのを忘れてしまうと、かけ放題プランから外れるため、普通の通話料金になってしまいます。

頻繁に繰り返してると、気がつかないうちに高額になってしまう可能性があるので、そのようなことにならないよう、注意しましょう。

通話品質が落ちる可能性がある

大手3キャリアのかけ放題は、通常の電話回線を使っているため通話状況はとても安定しています。しかし格安SIMのかけ放題は、大手キャリアの回線を借りているため、通常の電話回線を使っていません。

格安SIMのかけ放題では、IP電話かプレフィックスという、格安SIMの各事業者独自の番号を電話番号の前につけるか、専用アプリを使う必要があります。
また、どちらも電話回線ではなく、ネット回線を使った通話になります。

そのため、ネット回線が不安定になると通話品質が電話回線と比べるとどうしても悪くなってしまいます。

格安SIMのかけ放題の選びの3項目

自分に合ったスマホ生活に合ったかけ放題のプランを選びたいものですが、どのように選んだらいいのでしょうか。

格安SIMを使う上で、かけ放題プランを選ぶ時のヒントについて見ていきましょう。

項目1:いつもどれぐらい通話しているか把握する

まず注目したいのは、あなたは「1日にどのくらい電話をかけますか?」ということです。

あなたは、どのケースに当てはまりますか?

  • 電話をかける回数が少ない
  • 1度の通話が5分〜10分ほどで日に何度もかける
  • 1回あたりの通話が長く10分を超える

それぞれのケースで解説すると次のようになります。

電話をかける回数が少ない

普段、電話をかける回数が少ない、1日の通話時間が短かいなら、かけ放題プランではなく通常プランがお得になるケースもあります。

1度の通話が5分〜10分ほどで日に何度もかける

1回の通話が5分や10分以内の細切れの通話を、1日で何度もかけるのであれば、格安SIMのかけ放題プランがお得となります。

1回あたりの通話が長く10分を超える

また、1回あたりの通話時間が10分を超えるように長くなるようなら、大手キャリアの方がよい場合もあります。

 

といったように、まずは自分の通話時間や通話スタイルをしっかり把握してから、格安SIMを選びましょう。

項目2:料金は総額が安くなるものを選ぶ

格安SIMを選ぶに、かけ放題プランと基本料金の総額を比較することが大切です。

いくらかけ放題が安くても、基本料金が高ければ総額は高くなってしまいます。

乗り換えと同時に機種変更を考えている方は、端末料金の分割を加えた総額を見る必要があります。格安SIMによって選べるデータ容量や料金は変わるため、気になる格安SIMの総額を計算してみましょう。

項目3:格安SIMがお持ちのスマホに対応しているか

手元のお使いのスマホを乗り換えた後でもそのまま使いたいなら、同じキャリア回線を使っている格安SIMを選びましょう。

格安SIMにも、ドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線があります。契約しているキャリア回線と異なる格安SIMを契約してしまうと、端末を買い替えるかSIMロックを解除したりする手間が発生します。

現在はドコモかau回線を使っているところが多く、ソフトバンク回線はまだ比較すると少ないです。

契約前に、契約している回線がどこなのか確認しておきましょう。

おすすめな格安SIMのかけ放題プラン5選

ここからは格安SIMのかけ放題プランの中でも、とくにおすすめしたいものを厳選して5つご紹介します。

音声対応とデータ通信を合わせたさまざまなプランを発売しているので、自分のスマホ生活にマッチするプランの会社を見つけてください。

楽天モバイル【UN-LIMIT】

楽天モバイルUN-LIMITのアイキャッチ出典:楽天モバイル

  • アプリ使用で国内電話かけ放題:無料

楽天モバイルは、2020年4月8日キャリア(MNO)サービスをスタートしました。MNOサービス開始に伴い、格安SIM時代にあった「スーパーホーダイ」や「組み合わせプラン」は新規申し込みは終了しています。

楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT」には、通常料金に完全かけ放題が含まれています

通常料金プランは月額2,980円で、さらにデータ使い放題もセットと挑戦的な料金です。これに国内通話かけ放題がついていることを考えると、破格ですね。

専用アプリである「Rakuten Link」を使うだけで、国内通話が完全無料になります。(現在はAndroidのみ)

楽天モバイルに申し込む

UQモバイル

UQモバイルのアイキャッチ出典:UQモバイル

UQモバイルの通話オプションには、「24時間国内通話かけ放題」「1回10分以内の通話がかけ放題」と「月に60分以内の通話パック」の3種類があります。

  • 24時間国内通話かけ放題:1,700円/月
  • 1回10分以内通話かけ放題:700円
  • 一ヶ月60分以内の通話かけ放題:500円

UQモバイルの最大の特徴は、オプションをつけるだけアプリなしでかけ放題が使えます、うっかり忘れても通話料がかからないのは安心ですよね。

仕事やプライベートでよく電話をかける方なら、基本プランに通話オプションをセットにするのがおすすめです。

通話オプションをつけないと20円/30秒で通話料がかかるため、10分通話しただけで400円もかかってしまいます。2~3回通話したとなると1,000円以上の通話料が発生するので、通話オプションはやっぱりお得。

 

24時間かけ放題は、いつでも好きなだけ電話をかけれます。ただし、過剰に使ってた場合は、不正とみなされ強制的に切られてしまうケースがありますのでご注意ください。

かけ放題プランは、1回の通話時間が10分以内であれば何度でも電話がかけられるプランです。細々した用事や連絡で電話を使う方には、かけ放題プランがおすすめです。

通話パックはかけ放題ではなく、月間60分以内の通話が500円でかけられます。通話時間を気にせず話したい、一度電話をかけると長電話してしまうという方には通話パックが合っているでしょう。

通話オプションとau登録セットでさらにお得

通話オプションに加入して「au ID」を登録すると、基本プランのデータ容量を無料で増やすことができます。
下記が、通話オプション加入時のデータ容量です。

  • スマホプランS:3GB→4GB
  • スマホプランM:9GB→12GB
  • スマホプランL:14GB→17GB

契約プランが大きくなるほど、増加されるデータ容量も大きくなっていてお得です。スマホプランS・M・Lに加入する際は、お得な通話オプションに加入しましょう。

UQモバイル申し込む

Y!モバイル

Y!モバイルのアイキャッチ出典:ワイモバイル

ワイモバイルは、「10分かけ放題」と「時間無制限のかけ放題」の2種類が利用できます。

  • 1回10分以内かけ放題:無料
  • 24時間かけ放題:「スーパーだれとでも定額」

ワイモバイルの基本プラン「スマホプランS/M/R」を契約すると、1回10分以内のかけ放題が無料でついてきます。

10分かけ放題をオプションとして別料金がかかる格安SIMもあるので、ワイモバイルはとてもお得です。

完全かけ放題の「スーパーだれとでも定額」は、24時間いつでも国内通話が無制限でかけ放題となります。スマホプラン契約だと、料金は1,000円、ケータイプラン契約の一部で1,500円と変わります。

前述の「スマホプランS/M/R」では1,000円となります。最安のスマホプランS(2,680円)とかけ放題(1,000円)を組み合わせると、2,680円+1,000円=3,680円になる計算です。

Y!モバイルに申し込む

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのアイキャッチ出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは通話スタイルに合わせて、3種類のかけ放題から自分に合ったかけ放題オプションが選べます。

  • 1回10分以内の通話かけ放題:935円
  • その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円:935円
  • 1回10分以内の通話かけ放題+その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円:1,430円

特に月当たりの通話料の上位3番号の通話料が0円になる「トップ3かけ放題」はいつも決まった相手に電話をかけることが多い方にはおすすめのプランです。

また「ダブルかけ放題」なら特定の相手や通話時間を気にせず長電話ができる上に、仕事などで多くの人に電話をかける場合も通話料がお得になります。

ONEモバイルONEに申し込む

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのアイキャッチ出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、通話量の使い分けで「10分かけ放題」「3分かけ放題」「通話パック90」「通話パック60」の4種類からオプションとして選べます。音声通話SIMで使えます。

オプション名サービス内容月額利用料
3分かけ放題3分以内の
国内通話が何度でも可能
600円
10分かけ放題10分以内の
国内通話が何度でも可能
830円
通話パック601,080円分の
国内通話(最大60分)が利用可能
600円
通話パック901,620円分の
国内通話(最大90分)が利用可能
830円

上記は、BIGLOBEモバイルの通話オプションは、「BIGLOBEでんわ」アプリを利用して通話時のみオプションが適用されます。アプリを使わないで通話すると、20円(税別)/30秒の通話料となりますので注意が必要です。

かけ放題オプションは、10分以内の国内通話が何度でもかけ放題の「10分かけ放題」と、3分以内の国内通話が何度でもかけ放題の「3分かけ放題」の2つ。

 

次は、BIGLOBEモバイル最大の特徴である通話パックに関して説明します。

一度の通話時間を気にする必要がありません。一ヶ月トータル90分の国内通話は「通話パック90」、一ヶ月トータル60分の国内通話は「通話パック60」と、2つの通話パックから選べます。

固定した料金と時間で、通常に通話する時よりも倍にお得に使えます。

 

かけ放題オプションは、使うシーンに応じて選択することができるのがBIGLOBEモバイル最大の強みといえます。

 

各プラン超過分の国内通話料は、30秒あたりに9円の通話料金で済むので、「つい話し過ぎてしまった」という場合にも安心です。

通話が多かった時は、月末に申し込んでも申し込み月初までさかのぼってオプション料金を適用させることができるため、通話料金を効率的に節約することができます。

さらに、一時的に通話が増えるなど自分のタイミングに合わせて、オプション付け外すことができます。

「毎日電話をしないけれど、毎月何度かは電話をする」「一回の通話が10分以内かは不明」という方におすすめです。利用シーンに応じて豊富なオプションから選ぶことができます。

BIGLOBEモバイルに申し込む

さいごに

この記事では、格安SIMのかけ放題プランを解説してしました。

大手3キャリアと別のプランやサービスがあり、自分に合わせたプランを探すのは楽しいのではないでしょうか。

上手に使えは、かけ放題プランで通話料を1,000円以下に抑えることができるので大変お得ですよね。

ぜひスマホ料金の節約法の1つの選択肢として、考えてみてはいかがでしょうか。

最後まで、読んでいただき有り難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました