エクスペディアで航空券を予約する使い方と3つの注意点を解説

エクスペディアのアイキャッチ

世界を旅行するのに便利な予約サイトエクスペディア

エクスペディアは550社以上の航空会社を比較して、自分の希望にあった航空券を選ぶことでオリジナルのプランを提供してくれます。

この記事は、チケット予約を『エクスペディア』を使い自分好みにアレンジしたプランを組むまでを分かり易く解説していきます。アプリに関しては別記事をご準備します。

記事の後半には、使う際に起こり得るトラブルや注意点を書いてますので、最後まで一読いていただけると幸いです。

エクスペディアの使い方

基本的な検索方法

エクスペディアの使い方

今回は航空券のプランニングなので「航空券」をクリックします。

次に希望する旅行の行き先日程等の詳細をエクスペディアを開いて入力します。

 

エクスペディアの使い方

出発地、目的地は都市空港から指定出来ます。

何も入力してない場合は、人気の都市を候補一覧を表示してくれます、そこからクリックして選ぶこともできます。

 

エクスペディアの使い方

都市名は3レターコードで入力しても読み取ってくれます。

画像のように「BKK」とコードを入力するとスワナンプーム国際空港が、他に近くの空港の候補があれば一緒に表示してくれます。

3レターコード:
旅行業界で主に使われる空港および都市をアルファベット3つで表す。

エクスペディアの使い方

出発日、現地出発日をクリックしてカレンダーから希望の日付を選び検索をかけます。

ちなみに、カレンダー日付の下部の料金は、出発日ごとの最安値を表示してくれています。

記載がない日付のところは検索をかけることで確認できます。

 

エクスペディアの使い方

検索結果は、航空券が安い順にを縦並びに表示してくれます。

 

エクスペディアの使い方

こちらの画像は、左上のチェックのようにバンコク往復で検索した結果画面になります。

バンコクへの往路便を選択」(大阪→バンコク)をどのプランにするかを選ぶところです。

「選択」ボタンの左側に書かれてるのは「往復分の料金」となります、片道分の料金ではないので間違えないようにしてください。

エクスペディアの使い方

赤枠をクリックで、フライトの詳細を確認できます。

機内持ち込み手荷物」「預け入れ手荷物料金」は予約する航空会社によって違ってきますので、しっかり確認しましょう。

自分の希望にあったプランを「選択」ボタンをクリックして選び、次に「復路便」を選ぶページへ進みます。

 

エクスペディアの使い方

大阪への復路便を選択」(バンコク→大阪)を選ぶページです。

先ほど選んだ往路便の航空券は、上部に表示してくれてます。

自分が希望するプランの「選択」ボタンをクリックして選び、次に詳細確認の画面へ進みます。

復路便の選択画面で「+0円」書かれてる料金は、変更にかかる料金です。

 

エクスペディアの使い方

こちらは、下へ画面をスクロールして、他のプランを見た場合のものです。

プラン構成に応じて、サービス料や空港利用料が変わるため追加料金が発生します。

 

求める検索結果に並び替える

エクスペディアの使い方

並び替えは、赤枠ところから可能です。

往路便→復路便とページが変わると、並び替えはリセットされます。

こだわりの条件で検索

エクスペディアの使い方

条件を変更することで、こだわりの絞り込み検索が出来ます。

往路と復路でそれぞれ条件を絞り込めますが、ページが変わると条件がリセットされてしまいます。

往復で同様の条件で検索したい場合は注意してください。

乗り継ぎ回数

選んだ条件以外を除外してくれるので比べ易くなります。

表示する航空会社

利用したい航空会社が決まっている場合、特定のアライアンスのマイレージを貯めている場合などは、航空会社やアライアンスで絞り込んで検索できます。

出発時刻・到着時刻

早朝(0:00〜4:59)、午前(5:00〜11:59)、午後(12:00〜17:59)、夜間(18:00〜23:59)の4つから絞って検索できます

選択した時間帯を除外してくれるので、希望のプランを見つけ易くなります

出発空港・到着空港

入力した出発地、目的地以外の近隣の空港も含んで検索結果が表示されるのは、エクスペディアのシステム上の仕様です。

特定の空港で検索したい場合は、該当する空港にチェックを入れてください。

旅行の詳細の確認

エクスペディアの使い方

こちらが選んだプランの航空券の内容に関する確認画面になります。

赤枠をクリックで、改めて詳細を確認できます。

確認して問題がなければ、「予約を続ける」をクリックして次へ進みます。

予約の申込み画面

エクスペディアの使い方

個人情報を入力していくにあたり、最も重要なのは名前のところです。パスポートと同じか確認してください。

名前を間違うと最悪のケース飛行機に乗れないことになってしまいます。

ネット上で見かけるのが、名前をローマ字で入力するため無意識に「名→性」と入力してしまっているようですが、よく見ると「性→名」となってます。間違いがないかしっかり確認しましょう。

 

エクスペディアの使い方

必要事項の入力を全て行ってください。

座席の選択」「預け入れ手荷物を追加」は追加料金がある項目です。

入力した内容と予約する航空券をもう一度、確認しましょう。

選んだオプション以外が含まれて、意図しない追加請求がないか、赤枠をクリックして確認できます。

問題がないようなら最下部にある「予約を完了する」をクリックします。

 

以上、ここまでが基本的な使い方の解説になります。

航空券の予約確認の方法

エクスペディアのトップページは、見ている環境によって違います。

エクスペディアの使い方

エクスペディアの使い方

トップページ上が白色の帯

エクスペディアの使い方

トップページの「すべての旅行商品」>>「直前予約」をクリックします。

 

「直前予約」のページになるとメニューが増えますので、「予約の確認・管理」>>「旅程」をクリックします。

すると「旅程」の確画面に移動します。(旅程の確認画面の説明へジャンプする)

トップページ上が黄色の帯

トップページの「予約の確認・管理」>>「旅程」をクリックします。

すると「旅程」を確認するページへ移動します。

旅程の確認画面

ログイン画面で、航空券を購入した「アカウント」または「旅程番号」を入力して「ログインまたは検索」ボタンをクリックすると旅程確認ページへ移動します。

旅程の確認ページは、縦長になってます。

縦にスクロールするか、確認したい事項をクリックして移動してください。

 

以上ここまでが、予約の確認方法の解説になります。

エクスペディアの特徴

乗継は同じ航空会社で統一している

出発地と経由地で航空会社が違う場合、出発地で預けた手荷物を経由地で一度受け取る必要があります。

手荷物を受け取るためには、「経由地で入国手続き→荷物を受取る→次の航空会社に荷物を預ける→出国手続き→飛行機に乗る」と大変な手間が発生します。

エクスペディアの場合、香港エクスプレスの航空券(大阪→バンコク)の乗継1回を例にします。

この航空券の詳細を確認すると「大阪→香港→スワンナプーム国際空港」と乗継しています。

この航空券をそれぞれ確認すると「香港エクスプレス」と共に同じです。

乗継が同じ航空会社だと預けた手荷物は航空会社のサービスで次の飛行機に載せ替えてくれます。(香港エクスプレスだけでなく他の航空会社も同様のサービスがあります)

乗継で手荷物の心配せず、スムーズ次の飛行機に乗ることができます。

エクスペディアは、すべてのプランが1つの航空会社で乗継できます、初めて乗継をする旅行者でも安心して選べるシステムになってます。

パスポート番号が必要ない

エクスペディアでは、パスポート番号の入力なしで航空券の予約ができます

エクスペディアの使い方

予約手続きの画面なのですが、パスポート番号を入力する項目がそもそもありません。パスポートに記載されている氏名を入力は必須です。

そのため、パスポートが更新中で手元にない場合や、仕事で急に必要になった場合でも安心して航空券の予約が可能です。

予約手数料がない

エクスペディア(Expedia)の公式HPにある通り、予約手数料は無料です。

小さく「電話予約、LCC(格安航空会社)、周遊は除く」と書かれてるため、正確にはネット予約手数料が無料ってこと感じます。

LCCは、手数料があるものを探しても見つからなかったため、ごく少数のようです。

(Safari限定)カレンダーから検索結果の前後3日の料金を一括で確認できる

見てる環境で「料金カレンダーを表示」が表示されないためこの機能が使えません。

料金カレンダーを表示」をクリックします。

 

エクスペディアの使い方

すると、検索で探した出発日と現地出発日の前後3日間の料金を、カレンダーで一覧表示してくれます。

1日ずらすことで航空券が急に安くなってたりするので、このようにチェックできるのはありがたいですね。

エクスペディアで航空券を予約する3つの注意点

航空券を予約するときは以下をに注意してください。

航空券をキャンセル不可

エクスペディアで予約した航空券は、キャンセル不可です。

キャンセルして返金してもらうことができません。

エクスペディアの使い方

航空券の申込の詳細確認ページでこのように記載されてます。

実はこのキャンセルには、旅行者からの場合と航空会社からの場合と、2種類の意味が含まれる。

旅行者でありそうなのは「都合が悪くなった」や「予定を変更したい」となった場合のキャンセルと、航空会社でありそうなのは「天候が悪化して飛行機が飛ばせない」や「政府関係による渡航の制限が発生」といったキャンセル。

この双方のキャンセルを一括りに扱ってますので注意をしてください。

仮に航空会社からのキャンセルの場合は、エクスペディアへではなく、お持ちのチケットの航空会社へ連絡するようにしましょう。

譲渡できない

エクスペディアの使い方

「重要なフライト情報」に「譲渡不可」と明記されてます。

自分の名前で予約した航空券は、他の人への譲渡はできません。たとえ、その相手が家族であってもです。

旅行者氏名を間違えると搭乗できない可能性がある

エクスペディアの使い方

飛行機に乗れないってことは、実際にありえます。

これはエクスペディアの予約システム上、本人確認は名前を重視するためです。

予約の際にパスポートが手元になくても、いつでもスムーズに予約できるシステムのため起こってしまった弊害です。最近の旅行予約サイトは、パスポート番号が不要なところが増えているます。

当日に飛行機に乗れないってことがないように、予約が終わって少し時間を空けて再度、内容を確認してください。

仮に間違いがあったとしても、時間に余裕があれば変更対応してもらえる
チェックインの時に気が付くのは最悪のケース

最後に

今回の記事は、エクスペディアの使い方と注意点について説明してきました。

あまり旅行に行かない人や、乗継を初めてやる人などには、優しいサービスを提供してくれてます。

簡単ですが、以上でまとめにします。

よかったらをポチッとお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました